100%天然!スイス漆喰 カルクウォール

漆喰と珪藻土の違いは何でしょう?

『珪藻土(けいそうど)』

珪藻(植物性プランクトン)が海や湖で水底に沈殿すると分解され、二酸化ケイ素を主成分とする珪藻の化石からなる岩石です。

また、珪藻土は水に溶けやすく、内壁のみに使われています。

表面はもろく、触るとはがれやすいです。

『漆喰(しっくい)』

海棲生物(サンゴ虫類や紡錘虫類(フズリナ))が堆積して形成されたもので、石灰を主成分とする化石からなる岩石です。

しかし、そのほとんどが近年は輸入品で、化石成分も30%程しか含まれていません。

日本では古来からお城の壁等、平らに仕上げる土壁に上塗りする左官工事で使われる文化が広まっていました。水にも強く、外壁、内壁ともに使われています。

表面は強く、触れてもはがれにくいです。


100%天然スイス漆喰 カルクウォールとは?

calkwall.jpg

『スイス漆喰 カルクウォール』

原料となる天然成分の石灰岩が100%の漆喰で、アレルギーを引き起こす合成樹脂などの化学成分を全く含まない、健康に良い、スイスの伝統製法により作られる無機質の自然素材の漆喰です。

大きな特徴として

・殺菌、防カビ作用があります。

強アルカリ性なので、菌が育つ環境ではなく、死滅します。

・汚れを自ら洗浄、匂いを脱臭、分解します。

小さな汚れや、匂いは自己の性質によって、自己洗浄で色は白くなり、匂いは吸着します。

※性質上落ちない汚れや傷等もございます。

・メンテナンスが楽です。

漆喰への落書き等は簡単に消せます。また、変色した場合も漆喰を上塗りすれば白さが戻ります。

漆喰は空気中の二酸化酸素を吸収し、石化するため、年々白く硬くなります。なので、100年の耐久性があるとも言われています。

色は白だけでしょうか?

calkwall-color.jpg

石灰が白色なので、ベースは白色になります。

ただし、そこにウラと言われる漆喰の着色料を混ぜることで色を変える事ができます。

色の濃さの調整はウラの量が多いほど濃い色ができあがります。

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

  1. ホーム
  2. 100%天然!スイス漆喰 カルクウォール